2画面スマホは5万円と激安☆LG G8X ThinQは最強端末だった!ソフトバンク以外のユーザーも購入可能

ソフトバンク(SoftBank)から2019年12月8日に発売された2画面スマートフォンのLG G8X ThinQ【エルジージーエイトエックスシンキュー】について詳しく解説していきます。

お値段5万5440円(税込)でiPhoneなどより遥かに安いです。

カラーはオーロラブラックの1色展開です。

ソフトバンクからのみの発売ですがソフトバンク以外の他のユーザーも使用でき購入可能です。

2画面同時に使用できるという便利すぎる夢のようなスマートフォンです。

それでは中身の内容について詳しく説明していきます。

LG G8X ThinQの付属品

こちらが本体の箱です。

デュアルスクリーン本体以外にもう一つスクリーンが入っているので最近のスマホより分厚いパッケージになっています。

左が本体で右にはもう一つのディスプレイが入ってます。

では本体から開封していきます。

パッケージの中には本体専用のケースが入っていました。

SIMトレイの説明書と

SIMピンが入ってます。

これはイヤホンです。

黒いイヤホンが入ってました。

本体側は以上です。

それではケース側の方を見ていきましょう。

ケースの中にいろいろ同包されています。

左側がデュアルスクリーン(もう一つのスクリーン)です。

こちらがコネクターになります。

本体はUSBタイプCポートを使って接続しますが

このケースにはこのアダプターを使う必要があります。

アダプターはマグネットでくっつきます。

同包物は以上です。

本体のデザイン

それでは本体を見ていきましょう。

カメラ部分は出っ張りのないデュアル使用になります。

本体右側面に電源ボタン、

上部にSIMスロット、SDカードスロットの役割も兼ねています。

左側面にはボリュームキーとグーグルアシスタントキーがあります。

下部にはイヤホンジャックとUSBタイプCポート、スピーカーが付いてます。

本体サイズは高さ約160mm、幅76mm、厚み8.4mmです。

重さは193gです。

ディスプレイサイズは約6.4インチでケース側のディスプレイも全く同じ仕様となっています。

分離合体型2画面スマホ

ではケースにディスプレイをはめてみましょう。

本体を閉じると時刻や日付スマートフォンのバッテリー状態や通知バーが表示されます。

裏側にはアウトカメラが付いています。

デュアルスクリーンはこのように

360度回転させることができます。

ですが回転させると操作防止の為デュアルスクリーン側のディスプレイはOFFになりますがインカメラを使ってる状態では使用可能です。

ディスプレイは本体とケース全く同じ使用ですが違うのは本体にあるインカメラがケース側のディスプレイには付いてません。

全く違うゲームで遊ぶことも可能です。

ゲームパッドでのプレイも可能になります。

本体の内臓について

起動速度は約17秒で割と早いです。

内臓ストレージは合計64GB中20.59GB使用されており32%使用中となっています。

防水、ワンセグ、おサイフケータイ、指紋認証、防塵、ハイレゾ、4K動画撮影、ワイヤレス充電にも対応してます。

SoftBankの分割払いについてはこちら。

これだけの機能があり5万円という値段は買いではないでしょうか。

最後に

参考にした動画はこちら↓

【開封】分離合体型2画面スマホ「LG G8X ThinQ」完全マルチタスクで2画面同時プレイ可能!ジェネリックとは呼ばせない!?普通のスマホとしても驚異のコスパ!GalaxyFoldとも比較してみる!