筋トレ大辞典

葬式でのマナー!これを知らないと恥をかくポイント【香典、服装、焼香など】

葬式でのマナー

皆さんは葬式でのマナーをどのくらい知っていますか?

訃報をうけたらどうすればよいのか?どんな服装が良いのか?香典はいくら入れたら良いのか?焼香のやり方や、通夜や告別式でのマナーなど様々なポイントがあります。

もしこれらのことを知らずに葬式に行ってしまったら、恥をかく可能性も十分にあります。

しっかりと葬式でのマナーを身につけて恥をかかないようにしましょう。

訃報をうけたらどうすれば良いのか?

訃報をうけたらどうすれば良いのか?

まずは訃報をうけた時はどうすれば良いのか?についてです。

電話などで直接訃報をうけた場合は、まずはお悔やみの言葉を述べます。

通夜や告別式に参加する場合は、日時、場所、宗派を確認します。

参列出来ない時は「やむ得ない事情がありまして」と伝えましょう。

弔問の方法

弔問というのは訃報をうけた後の訪問になります。

弔問については個人との付き合いの深さや、関係によって変わってきます。遺族への配慮を最優先にして、自分の立場にあった行動が正しいです。

近い親戚なら訃報を聞いたらすぐに駆けつけましょう。

そして弔問の際の服装ですが、普段着で大丈夫です。整った服装だと予め準備していたと思われるので注意しましょう。

遠くて参加出来ないときは、通夜と葬儀に参列しましょう。

そして親しい友人であれば、訃報を聞いたらすぐに駆けつけて状況に応じて手伝いを申し出ます。通夜と葬儀ともに参列をします。

知人の場合は、通夜か葬儀、告別式のいずれかに参列をします。

会社の上司であればすぐに駆けつけて裏方として手伝いを行います。

友人または知人の両親の場合は、付き合いの程度を考慮して、出来る限り通夜か葬儀、告別式のいずれかに参列しましょう。

弔問のまとめ
  • 近しい親戚なら訃報を聞いたらすぐに駆けつける
  • 弔問の時の服装は普段着でOK
  • 弔問に参加出来ない時は通夜と葬儀に参列する
  • 親しい友人ならすぐに駆けつけ手伝いを申し出て、通夜と葬儀ともに参列する
  • 知人の場合は通夜、葬儀、告別式のいずれかに参列する
  • 友人、知人の両親の場合は、通夜、葬儀、告別式のいずれかに参列する

服装についてのマナー

服装についてのマナー

通夜の時は、男性の場合は地味な黒か紺、グレーのスーツに白のシャツ、地味なネクタイをしましょう。

そして告別式ではブラックスーツか、無地のダークスーツを着るようにしましょう。

女性の場合は通夜の時は、黒かダークグレーのスーツかワンピースを着ましょう。告別式ならブラックの喪服を着用します。

注意するポイント
  • 男性の靴と靴下は黒が基本です
  • 靴はエナメルなどの光沢のあるものは避けましょう
  • 女性の場合はアクセサリーなどは付けませんが、真珠のネックレスは付けても大丈夫です
  • 真珠のネックレスは二重のものは避けましょう
  • 女性の靴はハイヒールは問題ないのですが、エナメルなど光沢のあるものは避けるようにしましょう
  • ストッキングも黒か肌色で派手なものは避けるようにしましょう

香典の金額の目安はいくら?

香典の金額の目安はいくら?

香典は結婚式と同じで相手によって金額が変わってきます。

親であれば10万円、祖父母であれば1万円、叔父叔母であれば1万円、近所の知り合いであれば5千円、親しい友人、会社の同僚であれば1万円です。

また新札は使わないというような習慣もあります。

焼香のやり方

焼香のやり方

焼香の流れはこちらです。

焼香の流れ
  1. まずは遺影に一礼します
  2. 次に焼香をつまみます
  3. 頭を軽く下げて、目の高さまで焼香を上げてショールに入れます
  4. 焼香の回数には決まりはありませんが、3回が一般的ですが、後ろに人が並んでいる時は1回でも構いません
  5. 次に合唱
  6. 遺族に一礼して下がります

通夜と告別式でのマナー

通夜と告別式でのマナー

通夜は亡くなってから1~2日後に行われる最初の式です。大抵の場合は午後6時から7時に行われます。

通夜の流れとしましては、まずは受付に行きましたら記帳をして、そこで香典を渡します。その後は着席して式が開始となります。受付での挨拶は一礼のみで大丈夫です。

続いては告別式でのマナーです。

最後のお別れをするのが告別式です。棺桶に眠る姿を見て、お別れの言葉をかけてあげます。

流れとしては受付で記帳して、通夜に来られなかった場合はここで香典を渡すようにしましょう。

そして告別式の参列する場合は数珠を用意します。

焼香の際は左手に数珠を持ち、合唱する時は両手に輪を通すのが一般的です。

基本的に通夜や告別式は他の方もいますので、その方達の流れにそって行けば問題ありません。

間違っていけない部分は、焼香の流れと受付での挨拶や香典を渡す部分です。

そして重ね言葉を使わないようにしましょう。

例えば、重ね重ね、たびたび、しみじみ、などつい使いそうになってしまいますが、これらは重ね言葉になりますので注意してください。

他にも「大変なこと」「とんでもないこと」などもタブーです。そして「迷う」「浮かばれない」なども使わないようにしましょう。

キリスト教の場合はご愁傷様や冥福などの言葉は使いません。

残された遺族の配慮の為にも最低限のマナーを身につけましょう。