筋トレ大辞典

ニキビが出来る原因と治す方法【ニキビが出来る食べ物と飲み物!効果的な保湿剤】

ニキビが出来る原因と治す方法【ニキビが出来る食べ物と飲み物!効果的な保湿剤】

ニキビが出来る原因と、ニキビを治す方法について解説します。

論文から科学的根拠のあるニキビの治し方や、食べたらニキビが出来てしまうものまでご紹介します。

ニキビは出来ればない方がいいですよね。特に女性の方はニキビが出来るとファンデーションで隠すのでもっと酷くなってしまいます。

ニキビを治したい人も、ニキビが出来ない肌を目指している人もおすすめの内容になっていますので是非参考にしてください。

ニキビが出来る原因について

ニキビが出来る原因について

よく聞くのが、若い時に出来たものをニキビと言い、30代や40代になって歳をとってから出来たものを吹出物と言いますが、肌にできたものはどんなに年齢を重ねたとしても一緒なのです。

ですので思春期にできたニキビも、30代になってできたニキビも発生するメカニズムは同じなのです。

ニキビが出来る原因としては肌の油、皮脂が多くなると、そこの部分に肌の角層が集まって毛穴に蓋をしてしまいます。

そうすることによって皮脂が外に出れなくなってしまって、皮脂が大好物であるアクネ菌がその部分に集まって皮脂を食べようとします。

アクネ菌が皮脂を食べる過程で炎症が起きてしまってニキビが出来てしまうのです。

このメカニズムはどんなに年齢を重ねたとしても一緒なのです。

ただし思春期の時はホルモンバランスが必ず崩れてしまいますので、そのホルモンの乱れから肌に皮脂が多くなってニキビが出来やすくなります。このホルモンの乱れが思春期にニキビが出来る原因になります。

つまりニキビを治すためには、このニキビが出来るメカニズムを止めてしまえば良いのです。

ですが、思春期のホルモンの乱れを止めることは絶対に出来ませんし、ニキビの原因であるアクネ菌も人間の肌には必ずいるものなので、このアクネ菌を消すことも出来ません。

重要なことは肌に油を溜めにくくすることになります。

飲み物でニキビが改善します

飲み物でニキビが改善します

まずニキビを治す為には飲み物が重要になります。

ニキビを治す為には洗顔や化粧水よりも、飲み物や食べ物の方が実は重要なのです。

肌に最悪な飲み物とは?

2019年に中国から出た研究では、8197人の学生を対象にして清涼飲料水の消費とニキビの発生率に関する研究が行われました。

清涼飲料水というのは砂糖が入っているジュースになります。コーラやファンタやポカリスエットなど砂糖が使用されているジュースになります。

砂糖が使用されているジュースとニキビはどれくらい関連があるのかというのを調べたのですが、結果としてジュースを1日1本以上飲んでいる人は、ニキビの発生率と強く関連しており、ジュースを含めて砂糖を100g以上摂取する人は、摂取しない人に比べてかなりニキビが出来るという結果になったのです。

砂糖の入ったジュースは肌に悪いイメージはあると思いますが、この研究でジュースは肌に悪いということが明らかになりました。

これはジュースに含まれる砂糖が原因なので、ビタミン何ミリグラムと書いてあって体に良さそうなジュースでも砂糖が入っていたらニキビが出来る確率は上がることになります。

世界保健機構であるWHOが推奨している1日の砂糖の摂取量というのが50g以下なので、コーラ1缶には35gの砂糖が入っていますので、コーラと他のお菓子などを食べたらすぐに50gを超えてしまいます。

ニキビを治したいのであれば、まずはジュースを我慢して肌の油を出にくくする必要があります。

水分補給をして油分が出ないようにしよう

1日に水を2リットル飲みましょうなんて言われていますが、2リットル飲むと肌に良いというような論文は今はありません。

ですが喉が渇いと思った段階で、体内の水分量というのは2%以上減っているので、喉が渇いたと思う手前で水分補給をする必要があります。

体内の水分量が減るということは、肌の水分量も減ってしまうということです。肌の水分量が減ると肌が乾燥してしまい、人間の体は自動的に肌を潤そうとしてしまい油分を出してしまうのです。

油分を出すとアクネ菌が集まってしまうので、しっかりと水分補給をして肌の潤いを保つことが重要になります。

ですのでまずは喉が渇く前に水分補給をすることが大切です。

白茶を飲むと肌がキレイになる?

そしておすすめの飲み物として白茶があります。

あまり聞いたことがないかもしれませんが、白茶は中国で最も古来からあるお茶です。

2009年のキングストン大学の研究で、肌の柔軟性やハリ、シワが改善度がもっともあるお茶と言われており、肌に関しては緑茶よりも効果があるということが分かっています。

元々は白茶に含まれるポリフェノールが肌に良いと言われていますが、珈琲や緑茶に比べると白茶はカフェインの含有量が少なくてポリフェノールを摂りやすいいうことが分かっています。

白茶

有機白茶 ホワイトティー

普段は水でしっかりと水分補給をして、食事の時や食後は白茶を飲むのが肌には良いです。

肌に最悪な食べ物とは?

肌に最悪な食べ物とは?

続いては食べ物になります。

砂糖のようにGI値が高い食べ物はニキビの発生率や肌荒れの発生率が高いことが分かっています。

そして乳製品も肌には悪いということが分かっています。なんとなく牛乳やヨーグルトは体に良さそうと思ってしまうかもしれませんが、乳製品というのはニキビの発生率と強く関連するということが2005年のハーバード大学の4万人を対象にして研究で分かっています。

またファーストフードの高脂肪食は肌にすごく悪いです。中国の研究によると、高脂肪食を食べるグループと食べないグループではニキビの発生率が43%も変わってくることが分かっています。

マックやモスのハンバーガーはもちろんですが、からあげやコロッケなどもニキビが出来てしまうので注意してください。

保湿が超大事!効果的な保湿剤とは

保湿が超大事!効果的な保湿剤とは

2019年に保湿剤はどれだけ効果があるのかという実験が行われまして、保湿剤を1ヶ月間塗るだけで肌の水分量が大幅に増えて、血液中の炎症値が大幅に減り、肌年齢が30歳程度若返ったということが証明されています。

その保湿剤というのがアトパームのクリームになります。こちらがその商品になります。

アトパーム

【ATOPALM】アトパーム MLE クリーム

1日3mlの量を2回塗るだけで肌の水分量だけでなく、血液中の炎症値まで下げるということなので、本当の肌のアンチエイジングになるということなのです。

研究の対象者が高齢の方なので、若い人は目に見えては感じにくいと思いますが、確実に肌の水分量が増えますので油分も出にくくなります。

基本的なところは肌に油を出させないことになります。健康に悪い飲み物や食べ物は肌から油分を出すことに繋がりますし、乾燥させることも油分を出すことに繋がってしまいます。

肌から油分を出さないということが重要になります。

そして洗顔後に保湿をしなければ、肌を乾燥させて油分を出す原因になりますので、逆に洗顔がニキビの原因になってしまうことがあります。しっかりと保湿してあげるようにしましょう。

そしてニキビは治すのに時間がかかるということは忘れないでください。焦ってニキビを治したくて潰したりすると跡に残ったりするので注意しましょう。

また汚い手でニキビを触ると余計に酷くなることもあるので、出来るだけ触らないようにしましょう。

焦らずにゆっくりと治すように心がけましょう。