スポンサードリンク


クッキングスパイスで簡単に作れる美味しいアヒージョレシピ

アヒージョ

ハウス食品さんから発売されている、クッキングスパイスは種類が豊富です。

見ているだけで色々試して作りたくなってしまいます。

 

おつまみ系、サラダ系、メイン系、バラエティー豊かです。

肉から魚、野菜までいつもと一味違う仕上がりになります。

 

レパートリーが少なくて悩んでいる方も、忙しくて時短料理をしたい方にも大助かりの商品なんです。

私は今回「アヒージョ」にトライしてみました。

 

作り方はとっても簡単。

今回はアヒージョの簡単レシピをご紹介します。

スポンサードリンク

簡単に作れて美味しいアヒージョ

アヒージョ

アヒージョはスペインの料理でにんにくの風味と熱々に熱されたオリーブオイルが特徴。

材料をにんにくとアリーブオイルで煮込む料理です。材料はお好みで好きな物が入れられるのも良いですね。

 

魚介類でもチキンでもOK。そして、きのこを入れるのがオススメです。

本場では残ったオリーブオイルにバケットやチュロスを浸して食べるそう。想像するだけで頬が落ちそうです!

 

アヒージョってバル風のお店とかでよく見るんですけど、自宅じゃなかなか作りませんよね。

一から手作りしても、そんなに難しい料理ではないんですが、クッキングスパイスを使うと、やっぱり一味違います。

 

断然香りが違うし、コクがあるんです。

今回はエビとエリンギでアヒージョを作ってみました。

 

材料

今回は2人分の材料で作りました。

  • むきえび80g (エビは大きい方が見た目も食べごたえも良いです)
  • マッシュルーム100g
  • オリーブ油大さじ4
  • スパイスクッキングバルメニュー<アヒージョ>1袋 6g(1商品に2袋入っています)

 

作り方

1. エビの皮を剥き、背ワタを取る。(これは面倒ならしなくても良い)ちなみに私はしません(笑)

えび

 

2. エビを洗う。(エビを片栗粉で溶いた水で洗うと臭みがなくなります)これはします。全然臭みがなくなるんですよ。水がグレーになってエビの汚れがしっかり取れているの実感。本当にすごい色になります。汚い水は捨てて下さいね。

 

3. エリンギを薄切りにします。ここでキッチンペーパー等でエビの水気を取る作業もしましょう。これを怠ると後で油がバチバチはねて怖いです。

エリンギ

 

4. エビ、エリンギ、オリーブオイル、アヒージョの素、全て入れて、火にかけます。あらかじめ火を入れておくと、粉がダマになるので熱する前が良いと思います。

調理

 

5. 後は、火が通るのを待つだけ!エビ色が変わって火が入ったらOK(火の入れすぎはエビが固くなってしまうから気を付けてください)

出来上がりがこちら。

アヒージョ

 

ヤケドに気を付けて食べましょう

とにかく熱いです!猫舌の人は一時食べられないかもしれません。それくらい熱いです。

香りは作っている最中から、お腹が鳴るくらい食欲をそそるにんにくの匂いが立ち込めます。

 

味はスパイシーで少し濃い目ですが、抜群に美味しい。

もし濃い味が苦手な方は野菜を入れてみたり、きのこの量を増やしてみてもいいでしょう。お酒のおつまみにもってこいのレシピなんですよ。

 

ホームパーティー等のおもてなし料理としても大活躍しますよ。

ちなみににんにくが食べられる子どもであれば、喜んで食べます。

 

お酒好きなお父さんにも、もちろん大好評!

ぜひ試してみてくださいね。きっと他のクッキングスパイス商品も使いたくなるはずです。

スポンサードリンク


コメントを残す

サブコンテンツ

ページの先頭へ戻る

ページの先頭へ戻る