スポンサードリンク


1分間の深イイ話 金メダリスト内村航平君の母、内村周子が毎日忙しすぎる

今日の1分間の深イイ話を見ていると売れっ子は本当に幸せなのかSPをやっていました。ロンドンオリンピック金メダリスト内村航平クンのお母さんの内村周子さんが出ていました。周子さんは二年前のオリンピックでキャラクターとルックスで脚光を浴びていました。

周子さんは約30年ぶりに現役に復帰して今年9月に第47回全日本シニア体操競技選手権に出場しました。側転からのバク転を見せたりして50代で1位になったみたいです。テレビをはじめ様々なメディアに出演する周子さん。

今回の1分間の深イイ話はそんな売れっ子になった周子さんは本当に幸せなのか?という企画でした。

周子さんは夫婦で体操教室を経営しているらしく自宅の1階がなんと体育館。

スポンサードリンク

朝から晩まで毎日が忙しい日々

周子さんはいつも朝は忙しく遅刻寸前らしいのです。朝から体操教室で「高速でぶっ飛ばして行きます」と高速道路に入って目的地に向かっていました。でも結局、周子さんは時間に間に合わず2分の遅刻をしちゃっていました。

 体操教室

そんな周子さんですがその日は保育園での体操教室で周子さんはテンションMAXで授業をしていました。そんな周子さんは指導する年代に合わせて話し方を変えて保育園生の年代にはとにかく褒めまくっていました。

 

そして忙しい周子さんは保育園での仕事が終わると慌てて他の場所へ車で向かいます。周子さんは音楽が大好きで松田聖子さんの天使のウインクや小麦色のマーメイド全部好きと言っていました。昔は聖子さんに似てると言われていたみたいです。

 

福岡に着いた周子さんは日本バレエ協会九州北支部運営委員会に参加して周子さんは体操だけじゃなくバレエの指導者もしているみたいです。みんな上品な格好をしている中、周子さんは一人ジャージ姿でした。

 

そして二時間の会議が終わると走って車まで戻って急いで長崎に戻る周子さん。長崎までの帰り道では周子さんの結婚話を聞かせてくれました。

 

そして家の体育館につくとすぐに体操教室が始まります。周子さんは朝から一度も休まずに朝から何も食べていません。しかも20年間ずっとお昼を抜いているらしいのです。選手コースの練習が始まると周子さんの目つきは変わって厳しく指導していました。

 

そして選手コースの練習が終わると二階のバレエ教室で周子さんはバレエの指導を始めます。更に驚きなのが、バレエが終わると今度は自分の体操練習を始めたのです。毎日寝るのは深夜三時みたいで朝は六時に起きているようです…。

たったの三時間しか寝ていないようです…

 

朝は毎朝1時間のランニングをしている周子さんですがかなり早いスペースで走っていました。

ランニング

周子さんのご主人は周子さんのことを「スーパーウーマン」と言っていました。

忙しい日々でも充実して毎日が幸せ

そんな毎日を忙しく過ごしている周子さんですが最後にこんなことを言っていました。「体は衰えても人は進化を続けている。他人にどんなに笑われても、恥ずかしがらず自分の人生を楽しむことが大事。笑うっていうのはバカにされてても笑われると嬉しい。人を楽しませてみんあがワーって思ってくれる演技をしたい」と感動的なコメントをしていました。

 

スタジオでは全員一致の深イイ話になりました。周子さんは忙しい毎日でも充実していてとっても幸せそうでした。

スポンサードリンク


コメントを残す

サブコンテンツ

ページの先頭へ戻る

ページの先頭へ戻る