スポンサードリンク


稲垣吾郎のすべらない話は女芸人と食事とヒロ君の話

10周年を迎えたすべらない話ですが今日のすべらない話にはなんと稲垣吾郎さんが出演していました。

稲垣さんは「女芸人と食事」と「57歳の半同居人」の二つの話をしてくれました。

今回はこの二つの稲垣さんの話をまとめてみました。

スポンサードリンク

女芸人と食事

しゃぶしゃぶ

最初の話は「女芸人と食事」でした。

昔、女性の芸人さんとお仕事をしていた稲垣さん。仕事が終わると一緒に食事に行ったりしていたそうです。

その中でも一番仲の良かったのが友近さんだったのです。連絡先を知っていたのも友近さんだけだったらしいです。

 

稲垣さんは友近さんに女芸人さんを連れて来てもらって稲垣さん1人に対して女芸人10人という感じだったみたいです。

 

女芸人さん達は話のほとんどが愚痴らしいのです。

祭り好きな友近さんは「祭りの仕事入れろや吉本」と言っていたのです。

 

そして稲垣さんは豚しゃぶ屋さんに友近さんと、ハリセンボンと、森三中の大島さんと一緒に行くとお店の豚が全てなくなったそうです。

そして稲垣さんは「まあ、こういう話なんですがね」とここで話は終わってしまいましたが、以外に面白かったです。

 

稲垣吾郎の57歳の半同居人

歯ブラシ

そして次の話は「57歳の半同居人」の話です。

同居人の人は57歳でヒロ君というおじさんらしいのです。

 

ヒロ君は稲垣さんのことを「ゴロチ」と呼んでいるそうです。

25歳の時に稲垣さんが知り合って付き合いは15年程らしいです。

 

昔は2日に1回くらいのペースで稲垣さんの家に泊まりに来ていたのです。

ヒロ君は奥さんや子供も居るノーマルな方です。

 

稲垣さんはヒロ君の話が面白くて癒されていたみたいで、ヒロ君の専用の寝室も作ってあげていたのです。

寝室

そして洗面所にはヒロ君専用の歯ブラシも。

でもヒロ君はイビキが凄くうるさいみたいで、稲垣さんは壁を叩いてヒロ君のイビキを止めていたそうです。

 

30代になった稲垣さんは引越しをして壁が厚い部屋に住むことになったのです。

ヒロ君は稲垣さんの隣の部屋に寝室を作りたがっていたのですが、稲垣さんはイビキがうるさいので隣の隣にヒロ君の寝室を作ったみたいです。

 

ヒロ君は甘いマスクで30代の時は銀座のクラブをはしごしていた時には銀座のジャッキーと言われていたそうです。

 

ヒロ君は稲垣吾郎と友達だって言いふらすそうです。

芸能人の友達は言ったらいけないそうなのですがヒロ君は稲垣さんと友達であることを証明する為に稲垣さんの期限切れの穴の空いた免許書を財布に忍ばしているそうです。

 

そしてその免許書を見せて稲垣さんと友達であることを証明するそうです。

稲垣さんが「とジャッキーの話なんですけど」と言って稲垣さんの話は終わりました。

 

ヒロ君は趣味は散歩で必ず言うことが「走るな、膝を悪くするから歩け」と言うそうです。

ヒロ君と稲垣さんの出会いはワインバーで稲垣さんがヒロ君に声をかけられたそうです。

 

ヒロ君は会社の役員の人で週1回の役員会議しか仕事がなくて時間のあるヒロ君は毎日5時間くらい散歩をしているみたいです。

ヒロ君は散歩したまま稲垣さんの家に泊まりにくるみたいです。

 

隣で話を聞いていた香取さんもヒロ君の話を詳しく聞いたのは初めてらしいです。

稲垣さんは少しすべりそうになりましたが凄く面白かったです。

 

そしてこの日のすべらない話のMVSはバカリズムの「テレビ局の警備員」の話でした。

スポンサードリンク


コメントを残す

サブコンテンツ

ページの先頭へ戻る

ページの先頭へ戻る