ワークアウト中におすすめEAA!BCAAとの違いについて解説!筋トレと筋肥大効果アップ

最近注目されているEAAについて今回は解説していきます。

そして今までトレーニングをされている方が多く飲んでいたのがBCAAです。

そのBCAAとEAAの違いも解説して行きます。

現在、筋トレをして筋肥大を目指している方には注目です。

EAAとBCAAの違いについて

EAA

EAAとはエッシェンシャルアミノアシッドの略で必須アミノ酸です。

必須アミノ酸 は人の場合ですと全部で9種類あります。

そのアミノ酸の種類がこちら。

  • フェニルアラニン
  • ロイシン
  • バリン
  • イソロイシン
  • スレオニン
  • ヒスチジン
  • トリプトファン
  • リジン
  • メチオニン

BCAAは3つのアミノ酸、バリン、イソロイシン、ロイシンの3種類になります。

BCAAはブランチドチェインアミノアシッドの略になります。

ブランチドチェインは何かと言いますと、ブランチというのは分岐しているという意味です。そしてチェインは鎖です。

分岐した鎖のアミノ酸という意味です。

BCAAの3つのアミノ酸は分岐している構造をしています。

それで分岐したアミノ酸と言われていて3つ合わせてBCAAと言われています。

EAAとBCAAの使い分け方

BCAA

ではEAAとBCAAの使い分け方について解説して行きます。

まずはBCAAについてどのような働きがあるのか紹介します。

BCAAのロイシンは筋肉のタンパク質を合成してくれます。

ロイシンを含むアミノ酸BCAAは筋肉の合成のメッセージを送ってくれます。

その他にもBCAAには効果があり、BCAAそのものには覚醒作用があり目を覚まさせるような作用があります。

これはトリプトファンというアミノ酸と別の働きをすることによって起こることで筋肉のタンパク質を合成をするだけではなく、覚醒作用、目を覚ましてくれる作用もあります。

魅力的に思えるBCAAですが、BCAAには落とし穴があります。

BCAAを取れば、それだけで筋肉ができるかというとそうではありません。

BCAAはあくまでも「筋肉を合成しろ」というシグナルを送るだけなんです。

シグナルを送っても、その時にアミノ酸が十分にないと、逆にシグナルが消えてしまいます。

アミノ酸がないとうまく筋肉は作れません。

なのでいくらシグナルを送っても意味がありません。

大事なのはシグナルにプラスして筋肉の材料です。

そこで筋肉の材料になるのがEAAです。

ですのでEAAを摂っていればEAAの中にBCAAが含まれているので、シグナルと材料を両方同時に摂ることができます。

BCAAを飲む場合はトレーニング前やトレーニング中にホエイプロテインと一緒に摂ることでシグナルを送って材料もプロテインがあるので筋肉を合成してくれます。

EAAの効果的な摂取方法

筋肉

EAAを摂っておけばそれだけでいいってわけではありません。

EAAは必須アミノ酸で消化や吸収も非常に早いです。

消化吸収が早いということは心配なのは浸透圧性の下痢になりやすいことがあります。

なのでいっぺんに大量にEAAは摂れません。

まずはホエイプロテインを飲むことが大切です。

ホエイプロテインを飲むことで血液中のアミノ酸の濃度をある程度高めておきます。

その上でEAAを少しずつ飲みます。

そうすれば高い状態をさらにキープすることができます。

具体的にはホエイプロテインを筋トレの1時間前に飲みます。

そうすることで血中アミノ酸濃度をある程度高いレベルでキープしておきます。

そして筋トレ中に水で溶かしたEAAを少しずつ飲みます。

そうすることでホエイプロテインで上がったアミノ酸濃度がEAAを少しずつ摂ることによって高い状態でキープすることができます。

少しずつ飲むことによって下痢をすることもありません。

私は値段が安いマイプロテインのEAAを飲んでいます。

マイプロテインはこちら。

あなたをサポートしてくれるサプリメント【Myprotein】

トレーニング中にEAAを飲んで筋肥大を目指しましょう!

BCAAについて詳しく知りたい方はこちらの記事がおすすめです。

安くて美味しい効果的なBCAA+G!おすすめはMRM社のアミノ酸

2015年10月14日