スポンサードリンク


犬の介護用品のおすすめ!何をそろえたら良いのか分からない方へ

犬の介護用品

そろそろシニアかなと思ったら、犬の介護も気になるのではないでしょうか。

いざというときに焦らずに済むように、介護に役立つペット用品をご紹介したいと思います。いつか犬の介護をしなければならないと思っている方も是非読んでみてください。

スポンサードリンク

どんな介護をしてあげたらいいの?

ペットの介護と聞くと、とても重々しい言葉に感じますが、日頃の生活をちょっと手助けしてあげると考えてみてはどうでしょうか?

歳をとった犬が自分で歩くことが困難な場合でも、

  • 気分転換に公園に連れて行く
  • 負担のかからないように短時間でシャンプーを済ませる
  • トイレをするときに床などを汚してしまわないように工夫をする

などのお手伝いをすることで、シニアライフもそれなりに充実した時間に変わるものです。

 

ペット用バギー

ペット用のバギーは足回りのしっかりとした安定性のある製品を選びましょう。安定性のない製品は、ペットを乗せたときに道路のデコボコからの振動でペットが怖がってしまうこともあるからです。

天気の良い日に公園やいつもの散歩道をバギーで散歩してみましょう。自分で歩くことは出来なくても、空気を感じ、臭いを嗅ぐことで気分転換になります。

 

トイレシーツやおむつ

トイレは屋外派のわんちゃんにも、いざという時の為にトイレシーツやおむつの買い置きがあると安心です。トイレシーツはワイドサイズなどの大き目のサイズがお奨めです。

低価格なものから、高価格帯なものまで、非常にラインナップの多い商品ですが、価格の違いは吸収力の違いです。介護に使用するには、吸収力も非常にポイントですから、
価格より品質重視がよいでしょう。

 

ドライシャンプー

水で洗い流す必要のないシャンプー剤もあると便利なアイテムです。高齢になり全身を濡らすシャンプー、その後のドライヤーは体力面で大きな負担となります。

おしりの周りや口のまわりなどの汚れの気になる部分をさっとお手入れしてあげるとよいでしょう。

 

バスタオル

バスタオル

自分で立ち上がったり、歩行が困難な場合に、バスタオルを細長く折って、後ろ脚の付け根あたりに通して上に引っ張り上げることで簡単な歩行介助ができます。

横になって寝ている時には、体の向きを安定させる役にもたちます。使い古しのバスタオルは捨てずに保管しておくとよいでしょう。

高齢になってからは、毎日の生活の中でお互いに負担にならないように、便利なアイテムをどんどん活用していきましょう。

スポンサードリンク


コメントを残す

サブコンテンツ

ページの先頭へ戻る

ページの先頭へ戻る