スポンサードリンク


犬の肥満は骨折やヘルニアの危険もあるので食事でダイエット

ドッグフードを食べる犬

秋は犬にとって太りやすくなるので今回は食生活で犬の肥満を防ぐポイントご紹介致します。

夏の暑さが過ぎると犬にとっても過ごしやすい季節になります。夏の間、原因不明の食欲不振に悩まされた飼い主さんも多いと思います。

気が付くと最近、食欲がない、たくさん欲しがるからついあげてしまう、と知らぬ間にフードの量やおやつの量が増えていませんか?

夏の間に体重が減ってしまった場合でも、秋にたくさん食べる事で体重を戻す必要はありません。実は犬にも人間同様に「食欲の秋」があるのです。

昔、犬を外で飼っていたころには冬の寒さに耐えるために秋に脂肪をたくわえて被毛は冬毛に生え変わっていましたが、今は犬の生活環境は大きく変わりエアコン完備の室内暮らしがほとんどです。

生活環境の変化とともに見直さなければならないのは、まず第一に食生活です。

スポンサードリンク

犬の食生活で気をつけるポイント

ブルドッグ

秋に犬の食生活で気をつけるポイントをいくつかご紹介します。

  • 食事の量を調整
  • 体重の変化をチェック
  • 素材はヘルシーに

ひとつずつチェックしていきましょう。

 

食事の量を調整

ドッグフードとチワワ

秋から冬にかけて飼い主さんは家にこもりがちになる時期です。散歩や外出の機会も減ってしまうので、犬も運動不足になりがちです。

運動量の減少に合わせて、この時期フードの量を少しだけ減らし肥満を予防するとよいでしょう。
   

体重の変化をチェック

太ったブルドッグ

被毛がふわふわとした、ボリュームのある冬毛に生え変わることで、夏よりも太った?と思うこともあるでしょう。

気のせいかな?と見逃すことなく、体重チェックはこまめにおこないましょう。

体重3kgのチワワが1kg太った場合、わずか1kgと軽く考えていませんか?

人間で想像してみたらどうでしょう?チワワにとっての1kgの増加は体重60kgの人が、90kgに太ってしまった場合と同じことなのです。

犬の肥満は病気や骨折、ヘルニアなど様々なトラブルに繋がります。日頃から体重の増減は気にかけておきましょう。
   

素材はヘルシーに

おやつを食べるブルドッグ

この時期、犬本来の体の働きで冬の寒さに耐えるために普段よりより多くの脂肪を蓄えようとすることがあります。

でも、エアコンのついた温かい部屋で暮らしているのですから、無理に脂肪を蓄える必要はないのです。いつもと同じ量を食べているはずなのに、なぜか太ってしまうということもこの体のしくみが原因なのです。

ですから、おやつはできるだけ低カロリーな素材を選びましょう。

ゆでた野菜や脂肪分の少ないササミなどがお奨めです。

手作り食を食べている場合は、肉、魚類は脂肪分の少ない部位を選び、しっかりと下ゆですることで余分な油分を取り除くとよりヘルシーです。
 
そして秋から冬の間のもう一つ大切なことはシャンプー後のドライヤーです。

冬毛をよくみてみると、まるで綿のようなフェルトのようなふわふわとした短い被毛がたくさん生えています。自宅でシャンプーをした後には、このフェルトのような柔らかい被毛までしっかりと乾燥させることが大切です。

生乾きのままでは蒸れて嫌な臭いの元になってしまいます。冬は夏の2倍近い毛量になるのですから被毛の根元までしっかりと乾燥させるように心がけましょう。

また犬のダイエットには食事だけに気をつけるのではなく運動を非常に大切になります。簡単な運動で痩せる方法などの記事も書いておりますので犬の肥満にお悩みの方は是非読んでみてください。

犬のダイエット方法:犬のダイエットには外でのボール遊びと室内では引っ張り合いが効果的

スポンサードリンク


コメントを残す

サブコンテンツ

ページの先頭へ戻る

ページの先頭へ戻る