本家梁山泊は今どこに?パチンコ攻略集団に直接攻略法を習って稼いだ実体験

今回は梁山泊について知っていることを書いて行きます。

実際に梁山泊の事務所に行き、攻略法を習って使ってみた体験談です。

梁山泊について詳しく知りたい方や、過去に梁山泊で攻略法を習った方、そして攻略プロだった方に読んでいただけたら共感して頂けると思います。

梁山泊は本物だったのか?それとも詐欺集団だったのか正直に私が体験したことを書いて行きます。

本家梁山泊と攻略販売会社の梁山泊は全く別もの?

梁山泊

まず初めに梁山泊と聞くと詐欺の攻略販売だと思う方や、実際に詐欺被害にあわれた方もいるかと思います。

そもそも本家梁山泊と、その他の攻略販売会社の梁山泊は全く違うものでした。

いや全く違うとは言い切れないのがあるのも事実ではあります。(詳しくはあとで書いてます)

梁山泊にも大阪の梁山泊や、名古屋梁山泊、福岡梁山泊などと梁山泊の名前を使った攻略法の販売店が当時は無数にありました。

この梁山泊は完全に詐欺会社でガセネタを数万円から数十万円で販売していました。

なぜガセネタだったのかが分かるのかと言いますが、私が本家の梁山泊で知り合った攻略プロの方やネットの情報、そして本家の梁山泊の方が言っていたからです。

私が知り合った攻略プロの方は実際に大阪の梁山泊からモンスターハウスの攻略法を購入していて私にも情報を流してくれて実際に試してみると全く大当たりが来なかったのです。

因みにモンスターハウスのパチンコ台は自宅に持っているので直接玉を入れて試しているので間違いなくガセネタと言えます。

これは他の攻略プロの集団に聞いた話ですが、本家梁山泊と他の梁山泊は繋がっていて、むしろ本家の代理店と聞いていました。

代理店では偽の攻略法を売っていると噂ですが聞いたことがあります。

そしてそれが本当だったのではないかと思うような出来事も体験しましたので書いて行きます。

本家梁山泊で初攻略法を習う

梁山泊ビデオ

当時2000年くらいのことだったと思います。

3年間くらいパチンコの経験があり、友達から梁山泊の話を聞いて梁山泊に興味を持ちます。

そしてビデオレンタルで梁山泊のビデオを全て見ました。

すると映像の最初の方に本家梁山泊の攻略会員募集と書いてありました。

当時はテレビ番組の生ダラでとんねるずに梁山泊が攻略法を教える番組などがあったのでなんの疑いもなく即電話をしたことを覚えています。

梁山泊は大阪にあると思っていたのですが、住所は当時は東京の日本橋でした。

私はなけなしのお金を手に握り締めて東京に行きました。

本家梁山泊は5階建てくらいのビルで大きく梁山泊と書いてあったのを覚えています。

事務所に入ると、そこにはビデオでダチョウ倶楽部とパチンコ対決をした金庫番の武、そしてイナズマの信がいました。

更に名前は忘れましたがビデオの海物語の攻略法に出演していた方もいました。あとで年齢を知りましたが16歳くらいだったようです。

攻略機種を選んで練習する日々

別の部屋に案内されて攻略機種を選ぶことになります。

イナズマの信さんに「おすすめはモンスターハウスです」と言われたのですが、何故か私は猛烈ラグビー部という機種を選びました…

理由は家の近くのパチンコ店にモンスターハウスがなくてモーレツラグビー部があったからです。これは後ですごく後悔することになります。

値段はモンスターが20万円、ラグビー部が30万円でした。

そしてパチンコ台がある練習場に行き モーレツラグビー部の攻略法の説明をイナズマの信さんに教えてもらいます。

ここで驚いたのが体感機を使って練習することです。

練習だけ使うのかと思ったのですが、実際にお店に行く時も使用すると聞いてびっくりしました。

当時は体感機は違法ではなく、使ってもなんら問題がなかったのです。

梁山泊は体感機の使用で裁判になって2度勝利をしています。

体感機は小さくてポケベルサイズのものです。

そしてイナズマの信さんと16歳の方に1週間の止め打ちを習いモーレツラグビー部を攻略しました。

16歳の方は30代だと本気で思っていました。

本家梁山泊で知り合った一人の他の生徒とも連絡先を交換しました。その方はモンスターハウスの攻略を習っていました。

モンスターハウスは確変大当たりを一度引くと永久連チャン打法が可能ですが、私が習ったモーレツラグビー部は5~6連チャンくらいが平均と言われてました。

道場では10連チャン以上できたので地元に帰り実践をすることにしました。

地元のパチ屋で実践する

地元に帰り攻略したモーレツラグビー部を実践すると周りの目や店員が気になり、上手く連チャンさせることが出来ない日々が続きます。

確変大当たりを引くまでは通常通り玉を出すのですが、確変中は止め打ちをしなければいけません。

要するに次も確変大当たりをさせるために、確変大当たりの場所だけを狙って行きます。体感機のタイミングに合わせて玉を2個ずつ止め打ちしていきます。

モーレツラグビー部は確変の近くに単発大当たりも含まれており、永久連チャンとは行きませんが実践していくうちに最低でも5連チャンくらいはできるようになって来ました。

モンスターハウスを攻略する

モンスターハウス

地元に2件あったモーレツラグビー部が人気がなくて新台入れ替えでなくなってしまいます。実際にラグビー部を打てたのは2ヶ月ほどだったと思います。

私はラグビー部で稼いだお金で今度はモンスターハウスを習うことにしました。

東京まで行くのに交通費や旅費などお金がかかるので、攻略法代の20万を支払い体感機にモンスターハウスを入れてもらいモンスターハウスの台を購入して自宅で練習することにしました。

モーレツラグビー部とほぼ変わらず、体感機の刻むタイミングが違うだけだったので意外と簡単にマスターすることが出来ました。

そして梁山泊で知り合った他の生徒にも教えてもらい完璧にマスターすることが出来ました。

モンスターハウスをパチ屋で実践

モンスターハウス

地元にはモンスターハウスがなかったので少し遠出して4件のパチ屋を日替わりで回って実践することにしました。

軍資金は1日3万円までにして一度も大当たりが引けない時は負けて帰るときもありました。

一度確変を引くとミスさえしなければ負けることは絶対と言っていいほどなかったのですが、最初の確変を引くまでが大変なので1日3万円までと決めていました。

10万円入れて確変を引いたとしても20連チャンしなければ負けになるので、20連チャンもすれば怪しまれるので、そこまで粘ることは避けていました。

そうは言っても大爆発中の文字が見たくて2度ほど20連チャン以上したこともありました。

確かモンスターハウスは21連チャンで大爆発中の文字が画面に表示されます。

攻略プロの方なら経験があると思いますが、他の攻略プロの方と結構会います。

止め打ちですぐにやっているのが分かるので、トイレや外で話すこともありました。

9割くらい勝利することができるようになり、毎日5万円ほどをモンスターで稼いでいました。

ところが他の攻略プロから「1個打ちは目立つから止めてくれ」と言われたり、店員に後ろに張り付かれたりすることが多くなりました。

行けるパチ屋も2件になってしまって、その1件では監視カメラで止め打ちをしているところを見られてしまい事務所に連れて行かれて出禁になってしまいます。

最後の1件は週1程度しか行かないようにしていたのですが、1度も負けないし、40箱ほど積み上げたこともあって店員さんも怪しいと思ったのか頻繁に私のところを見に来るようになりました。

出禁にはならなかったのですが、自らそのパチ屋に行くことは止めました。

この頃からモンスターハウスはほとんどのパチ屋から消えており打つ店がなくなってしまいます。

この辺りから本家梁山泊がガセネタを流すようになる

モンスターが打てなくなったころに本家梁山泊からDMが送られて来ます。

新攻略法が出たというお知らせでした。

ネオプラネット

ネオフラネット

スロット台で「ネオプラネット」という機種です。

777回転以内に必ず大当たりするネオプラ。

値段ははっきり覚えていませんが10~15万円だったような気がします。

攻略内容は大当たり促進打法で連チャン打法ではありません。

大当たり中に土星を揃えると土星が飛ぶ演出があるのですが、全て土星を揃えて最後だけ右、左、真ん中の順で土星を揃えます。

すると大当たりが促進されるという内容でした。

これも購入したのですが、目押しを失敗することもなかったのですが、元々連チャンしやすい機種ですし、促進されているのか検証することもできなかったのです。

あまり勝つことができなかったのは事実です。

羽根モノ「レッドライオン」

次に本家梁山泊から習ったのが羽根モノのレッドライオンです。

レッドライオン

レッドライオンはあまり人気がなく店も少なかったのですが、攻略する機種がなく仕方なく習いました。

値段は10万円です。

これはガセネタではなく実際に永久連チャンが出来たようですが、私は上手くいきませんでした。

攻略内容は大当たり中に玉を台の上の方に挟むと玉が羽の中で詰まって次も大当たりになる仕組みだったようです。

ですが玉を挟む行為はかなり目立ちますし、どこに挟むのかいまいち分からず全くやらないで終わってしまいました。

パチスロ「ビーストサップ」

確実に本家梁山泊でガセネタ、偽攻略法と言えるのがパチスロのビーストサップです。

ビーストサップ

ボブサップがモデルになったパチスロ機で、こちらの攻略法はDMではなく本家梁山泊から直接電話がありました。

「サミーのコピー打法の時のようにすぐに対策される可能性がある」と言われました。

過去にサミーの機種で役物をコピーできる攻略法がありました。本家梁山泊でも販売していたようですが、私が梁山泊に行く少し前の話で私は、やることが出来ませんでしたが、有名な話だったので情報はしっていました。

私は本家梁山泊をすぐに信用してしまい購入を決意しました。

値段は20万円です。

実際にパチ屋で実践すると全く大当たりが来ない…

攻略手順はかなり簡単で間違えようがないのです。

完全に詐欺情報でした。

沖スロや吉宗の攻略法

次に発売されたのが、沖スロや吉宗の体感機攻略法です。

この時、私も習ったのですが、この時から体感機自体が違法になってしまい私は実践することができませんでした。

因みに値段は100万円を80万円にしてもらった記憶があります。

この時も東京に行ったのですが本家梁山泊の場所が変わっており、日本橋から上野になっていました。

メンバーも変わっており、当時いたイナズマの信さんや金庫番の武さんはいなくて、16歳だった方がいました。

沖スロで練習をしていくらでも大当たりを出せるようになり、吉宗でも俵を8回揃えることもできるようになりましたが、実際には実践することなく終わりました。

その後も吉宗の攻略法には振動くんというのがあり、俵を揃えることができるものもありましたが、私は購入することはなかったです。

またその後も梁山泊から電話があり、青七を揃える体感機があると購入を進められましたが断りました。

値段は確か70万円くらいだったと思います。

因みに初代吉宗は大当たり中に俵8回を揃えれば連チャン確定です。青七を揃えても連チャン確定になります。

その後、梁山泊のKリーダーと言われていた方が株取引で逮捕されたようで、本家梁山泊からもDMも電話も来なくなりました。

まとめ

本家梁山泊のことを今回調べてみたのですが、現在は活動はしていないようです。

ですが未だに梁山泊の名前を使って詐欺をする偽攻略法を販売する会社が存在しています。

実際に本家梁山泊が関わっているかは謎です。

ですが本家梁山泊もビーストサップは完全に偽攻略法だったことは言えます。

2度目に本家梁山泊に行った時に、16歳だった梁山泊の方に質問をしました。

  • 大阪の梁山泊とは関係はあるのか?
  • ビーストサップはガセネタだったのか?

この質問をすると、「大阪とうちは全く関係ない。」ビーストサップに関しては「体感機以外は信用しない方が良い」と言われました。

以上が私が本家梁山泊で体験したことでした。最後まで読んで頂いた方、ありがとうございました。