スポンサードリンク


寝ている間に視力回復オサート!白内障チェックやドライアイの治し方

視力

今回は視力回復法など目に関する情報を紹介していきます。

最初は目にまつわる嘘とホントです。

これをすると目がよくなるなどいろんな噂がありますが実際はどうなのでしょう。

 

そして最近多い白内障チェックと白内障の最新手術など。

一番気になるのは寝ているうちに視力が回復する治療法です。

寝ているだけで本当に視力は回復するのか?

 

そしてドライアイの解消法や目にいい食材なども紹介していきます。

スポンサードリンク

目にまつわる嘘とホント

目

 いろんな噂がありますが何をするれば目は良くなるのか?

嘘とホントを調べてみました。

 

遠くの自然を見ると視力が良くなる?

目が疲れた時などに遠くの緑を見ると視力がよくなるってよく聞きますよね。これって本当なのでしょうか?

調べて見ると実はこれは嘘です。

視力は全く良くはなりません。

 

ただし近くを長時間見ていると遠くがかすむので、遠くを見ると目がリセットされてかすみが取れることがあるそうです。

ゲームやパソコンなどで疲れた目のかすみを取るときなどには遠くを見ることも有効です。

 

視力は遺伝する?

視力が遺伝する話もよく聞きますね。

親がメガネをかけていると子供もメガネをかけている光景はよく見ますね。

眼鏡

実はこれって微妙なんです…。

強い近視や遠視の場合は遺伝の影響は多いのですが、裸眼で本が読めるくらいの近視の場合は環境の影響が多いみたいです。

 

遺伝よりも学童期に近くを見る作業が多いために近視になるようです。

小学校に入学する頃から始まり、成長とともに近視は進行するのです。

 

対策方法を紹介したいと思います。

  • 近い物を見続けない
  • 長時間の勉強のときは、たまに遠くを見て目を休める
  • ゲームやパソコンをするときも遠くを見て目を休ませる

お子さんがいる方には是非注意してあげると良いかもしれません。

 

視力がいい人ほど老眼が早い?

視力が良い人って老眼になるのが早いって噂は聞きます。

実はこれ全くの嘘です。

近視の人もそうでない人も実は同じように老眼にはなります。

 

ではなんでこんな噂があるのでしょうか?

実は近視の人は老眼が始まっても気づきにくいのです。

結果的にどんな人でも老眼にはなるのです。

 

白内障チェック

目

白内障は気づきにくい人が多いです。

この病気は40代以降に発症することが多くて老眼と勘違いすることも多いです。

白内障になっていないかチェックをしましょう。

いくつあてはあまりますか?

  • 物が二重三重に見える時がある
  • 目の前に霧がかかったように白く見える
  • 最近決勝が濃くなったと言われる
  • 老眼鏡をかけても小さな字が読みにくい
  • 太陽の光やライトの光がまぶしくて前が見えなくなる
  • 夜に照明をつけても暗く感じることがある

いかがだったでしょうか?当てはまる項目がありましたか?

もしひとつでも当てはまる項目があれば念のため眼科の検査を受けることをおすすめ致します。

白内障の原因は加齢意外にも紫外線も大きな要因になります。

紫外線対策にはUVカット付きのサングラスが有効です。

 

紫外線はレンズと顔の隙間からも入ってきますので、ツルの幅が広いほど効果的です。

そして帽子もあわせて対策することをおすすめします。

 

 

視力回復最新治療!白内障の手術

白内障の手術はカメラでいうとレンズの役割をする水晶体を摘出して代わりの人工レンズを入れるのが一般的です。

今までの手術は人間の手でレンズを取っていたのでレンズを入れたときにズレてしまう恐れがありました。

 

最新の手術ではフェムトセカンドレーザーという画期的な装置を用いたものです。

フェムトとセカンドレーザーとは1000兆分の1秒のレーザーという意味です。

 

1000兆分の1のレーザーのメリットは?

通常はレーザーで熱が発生して周囲を傷つけるリスクが生じます。

ですが1000兆分の1のレーザーなら熱がほとんど発生しません。

 

しかも正確な位置とサイズで切り取れるので手術後にずれる心配がほとんどありません。

この手術は日帰りの手術も可能です。

 

 

寝ている間に近視が回復

コンタクトレンズ

オサートという治療法をご存知でしょうか?

オサートとは専用のコンタクトレンズをつけて夜眠り、朝外すだけの治療法です。

繰り返すだけで視力を回復させることができます。

 

視力が回復する理由ですが、本来は目は網膜と焦点が合うことで見えていますが、近視や遠視の人は網膜からずれています。

つまり網膜に焦点を合わせると見えるようになります。

焦点を矯正するのが眼鏡やコンタクトレンズです。

 

オサートはコンタクトレンズを夜装着することによって角膜の形を眼鏡のような形に変えていく治療法です。

通常のコンタクトレンズは角膜の形に沿ったカーブですが、オサートのレンズは特殊な形をしています。

角膜の当たる中央部分に角膜を押すような形になっています。このレンズをつけて眠ることによって角膜をへこませて角膜が眼鏡のレンズのような形になって視力が矯正されます。

 

実際に治療されている患者さんもいて左右0.06だった視力ですが付け始めて3ヶ月ほどで視力が回復してきたそうです。

治療後は左右0.7くらいにまで回復したのです。

 

その日のうちに回復する人もいるらしいので注目の治療法です。

しかもレンズを変えることで遠視や老眼にも対応できます。

 

ハードコンタクトレンズなのでもともとコンタクトレンズが持っている危険性はあります。

注意事項

  • 長時間の装用
  • 不衛生なレンズの扱い
  • 感染症のリスク

医師の指導に従わないで長時間つけっぱなしにしたり、汚れた手でレンズを扱うと感染症のリスクもあるので注意が必要です。

正しく使えば視力で悩んでいる人にとっては大きな助けになるかもしれません。

 

外すと視力が戻ってしまうこともあるようで、まだよくわかっていない所も多いようです。

オサートの値段ですが、保険適用外でレンズ代は両目で40万円前後です。

 

ドライアイ

目

近年患者が増えているドライアイ。最近よく聞く言葉です。

日本には最大2200万人いると言われています。

 

オフィスで働く三人に一人がドライアイです。

パソコン作業

 

原因のひとつがまばたき不全です。

まばたきがしっかりできていないことです。

目の周りの筋肉が衰える中高年や筋肉の発育の良くない若者に増えています。

 

まばたき体操

まばたき

このまばたき不全を解消する方法がまばたき体操です。

まばたき体操とは1セット6拍で行う目の周りの筋肉を鍛える体操です。

やり方は凄く簡単です。

  • 1と2は普通にまばたき
  • 3と4はギュッとまばたき
  • 5と6は目を開けっ放し

数字を数えてやります。

一日10セットくらいを気がついたときにやることでドライアイが解消できます。

 

目にいい食材ランキング

  1. ほうれん草
  2. ブルーベリー

 

ブルーベリー

3位のブルーベリーは眼精疲労の効果があります。

疲れ目予防に効果的なビタミンAや目の老化を防ぐビタミンEが含まれています。

 

ほうれん草

2位のほうれん草は目にいい成分Bカロテンやルテインが豊富に含まれています。

Bカロテンは目の粘膜を健康に保ちドライアイの症状を軽減させます。

ルテインは紫外線から目を守って黄斑変性や白内障に効果があります。

 

鮭

1位の鮭には赤い色素アスタキサンチンが豊富に含まれています。

視力回復、目の老化予防、疲れ目解消に効果があると言われています。

 

アスタキサンチンはほうれん草の40倍のBカロテンが含まれています。

そしてビタミンEはブルーベリーの550倍です。

 

この3つの食材を使った料理を食べることで視力回復につながります。

おすすめの食材なので是非試してみてはいかがでしょうか。

スポンサードリンク


コメントを残す

サブコンテンツ

ページの先頭へ戻る

ページの先頭へ戻る