アスペルガーとADHDの違いは?特徴を画像でまとめてみた

アスペルガー症候群ADHDは一見区別のつきにくい発達障害です。

今回はそんな二つの違いをわかりやすくまとめてみました。

ADHD アスペルガー

ADHDの特徴

ADHD

ADHDは喋りすぎ、もじもじする、じっとしていられないというのが特徴です。

アスペルガーの特徴

アスペルガー症候群

アスペルガーは言葉や学習能力に問題がないのに精神発達に問題があって日常生活に支障が出るというものです。

コミュニケーション能力の高い方は?

アスペルガーの場合

アスペルガーの場合言葉のニュアンスができなくて

「もっとしっかりしなさい!」と言われても

「しっかりってどういうこと!?具体的に言ってよ!」と相手をまくしたててしまうこともあります。

「それ取ってくれない?」と言うと

「それって何?それじゃわかんないんだけど」となるので

「ペンを取って」と具体的に頼みましょう。

ADHDの場合

ADHDの場合、会話はキャッチボールすべきものと理解はしていますが、、、

ついつい被せて話してしまうのです。

特に自分の得意なものだったりすると永遠と話せるのだそう。

空気が読める?KYはどっち?

アスペルガーの場合

アスペルガーの人は基本的に空気が読めません

適齢期の女性に「彼氏できた?なんで結婚しないの?」なんて風に言ってしまうかも。

人間関係にも興味がないため孤立しても案外平気なのが特徴です。

相手の方を見てしゃべるのも苦手。

「ねぇ、聞いてる?」と言われてもそっぽを向いてしまったりするんです。

ADHDの場合

ADHDの方は相手の目を見て会話することができます。

人間関係をよくしたいとも思っています。

空気は読めているつもりですが・・・つい興奮して喋りすぎてしまうこともあり

気付けば周りが引いていることなんてしばしば。

こだわりが強いのは?

アスペルガーの場合

アスペルガーの人は物凄いこだわりがあったりします。

「このスーツ以外は着られない!他のものは肌触りがダメ!生地もイケてない」てな感じ。

ADHDの場合

「スーツ?なんでもいいよ。ドンキで充分でしょ!」てな具合。

想像力が乏しいのは?

アスペルガーの場合

アスペルガーの人は自分自身決まった手順がありそれを変えられなかったり、

興味の対象が狭くてそこから出ることができなかったりします。

「まずは仕事の前に掃除でしょ!」

「そして仕事の初めはメールチェックから!例外は認めません!」

毎日同じルーティンを送るのが特徴です。

ADHDの場合

ADHDの人はひとつのことにのめり込むこともありますが基本的に飽きっぽくてころころ趣味を変えたりします。

「あれ?もう YouTubeの投稿やめたの?人気ユーチューバーになるって意気込んでたのに!」

てな感じで興味の対象がコロコロ変わるのが特徴です。

また決まった手順にこだわりはありません。

運動音痴はどっち?

アスペルガーの場合

アスペルガーの人は運動が苦手で細かい動作ができません。

ADHDの場合

ADHDの人は手先が器用なので運動が得意なことが多いです。

最後に

参考にした動画はこちら↓

【これホントかも】

アスペルガーとADHDの5つの違いをまとめてみた。

ADHDと噂されてるチュートリアル徳井義実の脱税事件詳細記事はこちら↓