自宅にある安心な食べ物で節約パック!貧乏スキンケア!

美容パック

基礎化粧品って高いですよね。

デパコスなどの高い化粧水や乳液、美容液やクリームは本当に効果があるの!?と思いますが若い方には効果がよくわからないでしょう。

年齢を重ねるとお肌のハリや乾燥、しわやたるみには逆らえないのでお高い化粧品でも効果が実感できると思います。

今日は基礎化粧品にお金をあまりかけたくないというずぼら女子に必見!
家に必ずあるもので簡単にできるパックや化粧水になるものを紹介していきます。

米のとぎ汁

米のとぎ汁

米を一度軽く洗い二度目は2、3分 念入りに洗いそのとぎ汁を容器に移します。

そのまま使うと化粧水になりますが、ラップして冷蔵庫で数時間〜一晩寝かせると二層に分裂され下に沈殿物が溜まります。

その白いドロっとした沈殿物を顔に塗り3分くらい置いて水またはぬるま湯で洗い流します。

乾く前に洗い落とすのがポイントです。

くすみがとれてお肌が白くなりますよ。

バナナの皮パック

バナナ

バナナを食べたあとの皮をパックとして使うことが可能です。

バナナの皮で顔をマッサージして10分くらいバナナのエキスが浸透するのを待ちます。

そして水またはぬるま湯で洗い落とすとしっかり保湿されて美白効果もあります。

これはバナナの皮ではなくバナナそのままでもパックしてもOKですが節約したいなら皮が良いでしょう。

卵白パック、卵白洗顔、黄身パック、卵殻膜パック

卵

卵を使うと殻が余りますよね。

その殻についた卵白を顔に塗るとアンチエイジング効果やピーリング効果があります。

ずぼら女子ならそのまま塗り乾く前に洗い流すのが楽でしょう。

念入りにパックしたい方は卵白と黄身を分けて卵白を泡立ててパックすると良いでしょう。

黄身も小麦粉を混ぜてパックすることが可能です。

卵の殻には卵殻膜という白い膜があります。

それを剥がして毛穴パックができます。

シワを伸ばす効果もあるのでオススメです。

パリパリに乾燥してから剥がすとお肌を傷めてしまうので気を付けましょう。

卵白洗顔というものもあるそうで、卵白のみで顔を洗うと古い角質が取れるそうです。

これは泡立てる人、泡立てないでそのまま使う人がいるそうですが泡立てないほうは卵白が落ちてきて洗いにくいみたいです。

小麦粉パック、小麦粉洗顔

小麦粉

小麦粉は単品で水のみでパックすることができますが緑茶などを足してパックしても良いそうです。

私は小麦粉と水のみのパックを行なったことがありますが時間を置くとかなり乾燥してしまったので乾燥を感じたらすぐに洗い流した方がよさそうです。

あと小麦粉は髪の毛に付くととても取れずらく大変なことになるで気を付けてください。

小麦粉を水と混ぜて小麦粉洗顔することもできるそうです。

脂性肌にオススメな洗顔方法です。

最後に

美容パック

意外と家にあるものでパックできますよね。

私は実践して肌荒れなども特にしませんでしたがこれらのパックなどを行う方は事前にパッチングした方が良いでしょう。

共通でいえるのはどのパックも肌が白くなるように感じました。

アレルギーの方は絶対にしないほうが身の為です。

家にあるもので節約パックや洗顔、節約化粧水を是非みなさんも試してみてください。