スポンサードリンク


メタボ体型だった40代男性がダイエットを成功させた秘訣

ダイエット

40代男性です。
今までに2回ダイエットをしたことがあります。
2回ってことは、リバウンドしてるんじゃ?それは失敗っていうんじゃ?と思われますが、2回のダイエットの間に15年ほどの期間があるので、そこはリバウンドというよりは加齢と環境の変化によってと考えてもらえると幸いです。

スポンサードリンク

ダイエットに成功した事例

ダイエット

ダイエットにも色々ありますが、まずその成果を書いて見ます。嘘と思われるぐらいのダイエットですが事実です。

 

初回:年齢26歳、身長177cm、体重97kgを3ヶ月で62kgにしました。(3ヶ月で35kgの減量)

2回目:年齢42歳、身長177cm、体重80kgを2ヶ月で65kgにしました。(2ヶ月で15kgの減量)

実際の記録なんですが、大体嘘だろ?と思われることが多いです。
またそんな無茶な痩せ方だと体の調子崩してるんじゃ?とか思われますがいたって健康です。
ダイエットをしてから病院で検査してもらいましたが、問題ありませんでした。

初回と2回目では、情報量も違うし年齢差、仕事の環境もかなり差があり、違うダイエット方法をしました。

 

35キロ痩せたダイエット法

鍋

では初回の3ヶ月で35kg痩せた方法ですが、毎日鍋を食べました。

具体的にはたんぱく質は豆腐で植物性のものを摂取します。たまに魚の切り身や鳥のササミを買うこともありましたが、ベースは豆腐です。これで240kcalを目指します。

食物繊維やミネラルは野菜で摂取します。
大根たまねぎ、白菜レタス、ニンジンごぼう、といったものをベースにし、鉄分不足を補えるようにほうれん草もたまに入れたりしました。

これに加え、キノコ類も入れます。スーパーで簡単に買える椎茸、えのきだけ、まいたけ、シメジなどを入れます。
キノコはほぼカロリーがないものなので気にせず、野菜類で240kcalを目指します。

基本的な具材は以上となります。
これに調味料ですが、鍋の出汁とか売ってますが、あれはカロリーが高いので却下です。
ポン酢につけて食べます。もちろん大根おろしやネギを薬味として使用します。
具材をポン酢につけて食べるだけなので、これで摂取できるカロリーはせいぜい30kcal程度だと思います。
この時点でたんぱく質、野菜、ポン酢で500kcal程度です。
たったこれだけ?と思うかもしれませんが、量としてはとても多いです。多分一般女性だと、これだけの量を食べるのは無理だと思うぐらいあります。
飲みものはウーロン茶などのダイエット効果のあるお茶でノンカロリーが基本です。

たまに贅沢ってかんじで炭水化物としてうどんを鍋に投入したりすることもありました。

これを一ヶ月ほど続けると体重が97kgから77kgまで減り、一ヶ月で20kg減量できました。

これだけ体重が減ると体も楽になり、2ヶ月目からはウォーキングを取り入れ、慣れてくるとジョギングに移行し、軽い運動を続けました。
軽い運動を長く続けるという有酸素運動を意識した結果、体重の減り方は緩やかになりましたが、筋肉量そのままで脂肪が落ちた感じになり、リバウンドしにくい体質に改善もできたと思います。
これを続けて3ヶ月目には62kgになり、ダイエット終了となりました。
それ以降、ダイエットではないですが、体重を意識し、食べ過ぎた次の日は抑えたりって感じで現状維持を続けましたが、5年ほどは、65kg以下の体重をキープできました。

 

2ヶ月で15キロの減量に成功

ウォーキング

2回目のダイエットはリバウンドというよりは加齢と生活習慣の変化による肥満が原因だと思います。
40歳ぐらいまでは体重が68~70kgぐらいだったのですが、仕事がすごく楽になり、デスクワークばかりになってから太りだしました。
2回目のダイエットは、初回のように自分は若くないので無茶はできないと思いました。
基本的な食事は初回のように鍋メインですが、炭水化物としてうどんや、鍋の出汁を買ってきてそれで鍋を作って残り汁で雑炊をしたり、おでんを沢山作ったりと、色々変化をつけました。
また飲み物も、お茶だけではなく、牛乳や豆乳、整腸効果の期待できるヨーグルトなども摂取するようにし、ゆるやかに減量をしました。
最初の月で10kg、2ヶ月目で5kg減って、2ヶ月で15kgダイエエトに成功したわけです。
運動としては、今回はウォーキングのみで走ることはしませんでした。大体時速5,5kmぐらいで一時間歩くといった感じでした。

ダイエットで悩んでる方やこれからしようと思ってる人の参考にしてもらえればと思い、実体験を書いてみました。

スポンサードリンク


コメントを残す

サブコンテンツ

ページの先頭へ戻る

ページの先頭へ戻る